フラットフィールドのバイオガス自動車、発電機


バイオガス発電機・バイオガス自動車

消化ガス発電とは

下水処理の工程から発生した汚泥の処理過程において発生するガスを消化ガスと呼び、これを有効活用した発電を消化ガス発電という。

下水汚泥を濃縮した後の消化工程(汚泥中の有機物を嫌気性微生物により分解し、汚泥の減容化と安定化を図る工程)で発生するガスであり、主成分はメタン(CH4)及び二酸化炭素(CO2)。
燃料としての有効利用が可能であり、ディーゼル発電機を専用エンジンに改造することにより、発電を可能とする。
成分に適合した燃焼機構の調整が必要であり、当社の開発ノウハウが活きています。

バイオガス消化発電のイメージ

水素発電の仕組み

製造工程で副産物として発生する副生水素を利用・燃焼できる水素エンジン発電機により、
これまで廃棄していた副生水素を有効活用し、CO2削減に貢献します。

副生水素発電イメージ